社会福祉法人 杉並区社会福祉協議会
お問い合わせサイトマップ個人情報保護方針・苦情解決の仕組み

新年のごあいさつ

2021年01月01日  管理係 発

区民の皆さま、新年明けましておめでとうございます。

昨年は、新型コロナウィルスによる感染症拡大に脅かされた、大変厳しい年でありました。本会においては、人と人とのふれあいの自粛や「密」を避けることが求められる中で、区民の皆さまとの地域福祉活動を思うように進めることができませんでした。

その一方で、感染症拡大により減収された方々から生活福祉資金の特例貸付や住居確保給付金の給付について、多くの申請・問合せをいただきました。一時期は、窓口に多くのお客様が詰めかけ電話が鳴りやまない状況もありましたが、組織をあげて対応し乗り切りました。

また、コロナ禍にあっても「何か役に立ちたい」という区民の声に応えて実施した「杉並マスクプロジェクト」(不足するマスクを融通し合う仕組み)や「夏のお手紙ボランティア」(福祉施設に入られている高齢者にメッセージを送る活動)は、人と人の心をつなぎ新たな助け合いの輪をつくりました。
いつもの年とは全く異なる状況の一年でしたが、こうした取組を含め社協としての社会的役割は一定程度果たせたのではないかと振り返るところです。

さて、年が明けて令和3年となりました。コロナ禍の中で、区民の皆さまはいつもと違う静かなお正月を迎えられていることと存じます。年末年始をいかに過ごすかが今後の感染拡大を左右するといわれる中、その成果が表れ、一日も早く収束に向かうことを切に願うばかりです。

今年の干支は「丑」(うし)であります。丑年は「我慢(耐える)」や「発展の前振れ(芽が出る)」を表す年になると言われています。夏には延期された東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。静かなお正月から、ワクチンの開発・普及、オリパラの盛大な開催へと、コロナ禍からの復興の歩みを進めたいものです。
杉並社協としては、まずは引き続き生活福祉資金の特例貸付や住居確保給付金の給付などの支援に力を注いでまいります。そして、感染症の状況をとらえつつ、区民の皆さまとの地域福祉活動を充実させて、支え合いと助け合いに満ちた暮らしやすい地域社会を創造してまいります。

本年もどうぞよろしくお願いいたします
令和3年元旦

 

社会福祉法人 杉並区社会福祉協議会会長  髙  武 征

ページの先頭へ戻る